furnirock

家具とロックと生ビール。これに尽きる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初神宮

080528_2046~02


080528_2046~01


080528_1913~01


仕事を早々と切り上げ、念願の神宮球場に行ってきた。
ヤクルトファン暦15年くらいか。
今となっては若手が数多く出てきてて知らない選手が半数以上。
これではいかん。

相手は日ハムでダルビッシュともなれば負けも覚悟していったけど、
村中の快投に若干期待していた。
が、が、しかし、ついた時にはすでに3点も奪われていた。
ダル相手に3点もかと意気消沈。
しかも宮本のホームランにタッチの差で間に合わず。
ガラガラだろうと思っていたけど、外野自由席は何気に賑わっていて
見ていて面白い。やっぱり球場全体の空気は大事だからね。
内野席は、まぁ置いといて。
着いて速攻ビール。
野外で野球観戦のビールは最強だ。
試合はやっぱり負けてしまったけれど、
ダルビッシュ相手に見せ場も何度か作ってくれたし、よしとしよう。
思っていた以上に神宮は気持ちよく、けっこう見やすかったので
また行くことにしよう。
今年のヤクルトは若手を育てないといけないから大変である。
村中にはかなり期待しているんだが。
やっぱりサウスポーはかっこいいのだから。

そういえばヤクルト名物の緑のビニール傘。
普通の傘だと今までずっと思っていたけど、
えらいちっこいのだと今日初めて知った。
今度はあれ買ってラッキー7だ。
  1. 2008/05/29(木) 00:19:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ネクタイ




giraffe1.jpg

大学の入学式以来にネクタイを買った。
といっても、次の会社でネクタイをしなければいけないのかというと
そうでもなく、前々から買ってみたかったんだよね。
仕事で運良く知ったとこで「giraffe」ってブランドのネクタイ屋さん。
見た瞬間にかっこよい(似合うとかはどーでもよいのだ)と思っていたのが2,3年越しの購入。ネクタイに縁のない生活だったので(まぁ、今後もだけど)ようやく。
さて、いつどこでしようか。
色々とかっこよい。

ジラフ
  1. 2008/03/25(火) 01:02:57|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

虹色




知り合いがちょこっと出たってんで、you tubeにて「ちい散歩」
を見ていたら、こんな不思議なものが世の中にあるとは。
これはビックリこいた。
茎を切って、緻密に計算された結果、液を吸わせる事によって
花びらが1枚、1枚違うようになるらしい。
巷ではすでに有名なのであろうか?
ちなみにオランダの研究結果らしい。
銀座の花屋

世間的にもホワイトデーなんで、これはよし。
女性には花を贈るとよいと教えてもらってから
ナカナカ実践していないh2star2であった。

しかし、肝心のN君はyou tubeにはデビューできていないのであった。残念。
  1. 2008/03/14(金) 02:26:35|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

シンハオラン転々とす

080309_1029~01


昨日は春を感じさせる抜群の天気だった。
朝起きて太陽が出てると気持ちが良いのである。
車だとTシャツだね。
久しぶりに朝早く起きて我が母校へと車を走らせていたのであった。
レディオヘッド聴きながら。
当然まだ眠いのでちょいとゆるい感じで。よい。よい。
車で走ること40分くらいで懐かしの土地に到着。
試合開始直前に到着するも最初は若手メインの試合だったので試合観戦とする。OBといってもOBチーム(県リーグ)で日頃からやってる奴等は結構動けるので見てて楽しい。
試合が終わると次は違うチーム同士の戦い。
趣旨は「4校OB戦」という名目なので浦和の学校4校のOBがじゅんぐりと試合をしたのだ。
そして我がチームの4本目ぐらいにようやくわたくし出てしまった。
スパイクが見つからないのでトレシューで行ったにも関わらず。
対人プレーに圧倒的ひ弱さを見せ付けたけど、なんとか中盤でプレー。
当たらなければ何とかできる。
一度落ちた心拍数を戻すのに相当な時間を費やしてしまったけど。
何本かパスつながった時にそこにいると、やっぱりサッカーは楽しい。
そしていつも思うけど、もうちっと動けるようにしたい・・。
次回も参加しよう。

そして気分よく、車で家へと向かう。
彼らの地元浦和から我が草加へと。
そう、今夜行くテレホンズを聴きながら。
でも、時すでに全身疲労に陥っていたので、おれ大丈夫だろうか。
激しいライブを何本かみたあとの状態だ。
まぁ、そうはいっても家に着くとすぐさまライブに向かう。
新宿MARZに「the telephones」をみに。
会場着くまでずっと、ワンマンだと思ってた。
が、チケみると他に4バンドが対バンでのっているではないか。
18時半から、おれモツかなという不安がよぎる。
しかも、会場には20個くらいしかコインロッカーがないらしく
整理番号140番のおれが無事ゲットできる確率はゼロである。
絶対ぐしょぐしょになるのでTシャツ姿は必須条件なので、しょうがなく西武新宿駅の地下コインロッカーからTシャツ姿となってしばし街中を歩く。心なしか視線も感じたが、こちとらこれからライブなので正装である。しかしあったかい日といってもさすがにTシャツはやりすぎでか。
寒い。
客は珍しく7:3ぐらいで女の子が多い。
んー、居辛いな。
しかも、2バンド目ぐらいに目の前の狭いとこに女の子登場し、一歩も動けぬ状態。まさに追い詰められた獲物的な。
ここ来るかって思ったけど、まぁ、テレホンズまでは体力温存のため
そんなに動かないからいーや。

4番目のバンドはすごかったな。常夏のノリで、最高だった。
VoとDrのキャラ最高。

バンドとバンドの間に曲が流れたんだけど、あの選曲は誰がしたのかな。次やるバンド毎に全然違う選曲だったし。
というのも、テレホンズの前でかかった曲が、

Nirvana-曲名知らん
Rage Against The Machine-Killing In The Name
Red Hot Chili Peppers-Give It Away

という、なんとも言えぬ選曲であったのだ。
レイジのジャーン、ジャーン・・・トゥトゥトウって流れたもんだから
テレホンズどうでもよく、レイジだレイジだ、うほほって思ってたら
周りは割りと平然としてたから、不思議な感じであった。
あの熱狂ライブにいた人間としてはこの対照的な場にかなり違和感を感じてしまった。おれ帰りたいなっ・・ていう。
何といってもまわりほとんど女の子という稀に見る状況だったし。

そんな居たたまれない状況にいたのだが、
テレホンズ始まると意外や意外。モッシュが始まった。
CDで聴くよかいい。ただ、モッシュに行くまでにモッシュしてない目の前の女の子をとりあえず回避する事が先決だ。モタモタしてるうちに
一曲終わってしまった。なんともノリにくいな。
が、なんとかそこを回避し、モッシュ参加。よかよか。
DaDaDaは最高だ。途中、女の子の頭突きが炸裂してあやうくメガネが壊れるところだったけど。あと3cm背高かったらやられてた。
好きな曲とそうでもない曲があったけど、最高だった。

対バンからテレホンズまでで終わったのが23時。なげー。なげーよ。
ぐっしょりTシャツで激サムの中、急いでコインロッカーへと。
飲み会に間に合わん。
渋谷まで電車で移動し、てやん亭に着くとそうそうお会計が始まってしまった。ぬ。
残りかけのビールとおにぎりをほおばって終了。
しかし、ここからとばかりに2次会へ移動。センター街おしゃれダイニングへ。
もう、みんな場があればいいテンションだったので、オーダーは少なめ。
ところが、主賓UTN氏の嫌いなきゅうりを頼むHちゃん痛恨のミス。
においがさあー。ってのウケタな。うん、一連の流れはウケた。
梅が効いててうまかったけどね、おれは。
それからどうしても腹減って、近くのラーメン屋かむくらにて腹を満たしたら眠気到来。cafe miyamaという朝までやってる所に入るもほぼみんな寝る。始発はまだかと携帯をいじるもまだまだである。
始発までの間に「2丁拳銃」現る。
あまりオーラは出てないな。
そして始発で帰宅。
24時間遊んだ珍しい日であった。


ちなみにタイトルはホシヒロアキの中国名なのであった。
主賓UTN氏が中国から彼女を連れて来ていたので、途中中国語講座みたいになって名前を教えてくれたのである。
意味もあるらしく宇宙のように朗らかなみたいなようなのであったような。んー、詳しく覚えてない。

イベントが幾つも重なったので超長文である。うん。

  1. 2008/03/10(月) 17:03:52|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

3連休最終日

arcade2.jpg


arcade1.jpg


体中ガチガチ。
痛い。
痛すぎる。
よいしょっと。って感じ。

昨日の余韻が残る中、今日はスタジオコーストに。
タワレコで試聴して、即買いしたバンド。
「The Arcade Fire」の単独ライブ。
どんなライブかまったく想像つかなく、勝手に神秘的なライブだと思ってた。あの「muse」ばりに魅せてくれるのだろうと。
昨日とはまるで違い、男女比半々か6:4ぐらい。
けっこう女の子もいるんで、やはりほんわか的なのだろうと。

しかし、メンバーが出てくるや否や、予想もしないぐらい密着状態。
あまり動きがないためほぼ密着状態。手を挙げるのすら一苦労だ。
完全にポジションミスした。
前が居辛い、いたくない、まれな状況に。
それでもやっぱり曲はいいのだが、
音源として聴いていた以上な感動は得られず。
正直少々ガッカリしたけど、悲惨なほどでもなく、それなりに楽しめた。

そしてまわりの人との連帯感とういうのは大事なんだなぁと改めて思ったのであった。
  1. 2008/02/12(火) 03:55:55|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

3連休メイン

rage2.jpg


rage1.jpg


待ちに待ったライブ。
そうあの「Rage Against The Machine」。
興奮の中、目が覚める。
はずであったが、思いのほか寝てスタートが遅れる。
しかもそんな飲んでいないにもかかわらず頭痛。
ほわちゃ。である。
しかしそんな事言っていられないのでバファリン飲んで
電車の中で薬が効くのを願う。
おれは今日怪我をしないで無事に帰ってこれるか
という心配を幾度となくして舞台、幕張メッセへと向かう。
海浜幕張駅はけっこうな人。いかつい。今日はいかつい。
何人か女の子も目撃したけど、ほぼ、ほぼ、男である。
コインロッカーに全てをいれ、最小アイテムを持って会場に。
なんか気のせいかギラギラしているような。
友達とビールを飲んで、早々と会場入り。
が、ちと早すぎた。
座って待つこと約40分か。
段々と混み始め、ザワツキ、熱気とともにあたりが早々と立ちだしたのでしょうがなく立つ。まだ早いよと思うが。
そしてジワジワと密着。
照明が落ちるのと同時に身動きとれないぐらい密着。
やばい。そして流れが出来て、するするとついて行くと真ん中前のほう。やばい。大丈夫か、こんなとこきて。ここでも女発見。大丈夫か。
おれでもスキあらば埋もれるのに。
レイジ登場して、しょっぱなからエンジン全開のモッシュピット。
飛んで、ぶつかって、飛んで、ぶつかって、大移動して、酸欠なって。
酸素あるとこ探し出して。
また復活してモッシュピット真ん中。
魚住ばりにガシガシあたる。
思い切り跳ねて、ヒザ曲げて跳ねて、狂気の中にいると漏れなく例外にならず。レイジの曲で力を抜くとこなんてまるでないんで最初から最後までひたすらモッシュ。レイジの曲を平然と聴くなんてできないです。
後ろ行ったり前にいったり。横移動したり。クルクルクルクル。
今回初めて最前列というのを目指したけど、絶対に行けない。
あと何人かというところから鉄壁のディフェンスが敷かれていて。
どうにもこうにもそれ以上進めない。
しかも驚いたことに前ってすっげー酸素薄いんです。まじ。
熱気ムンムンで酸素ナシ。
ずっといる人はホントすげー。
全ての曲を知っているわけではなかったけど、
全ての曲がかっこよく、
トムのギターが恐ろしくヤバい。
変態ギターってよくみかけたけど、やっとその意味がわかった。
あれはヤバイ。
両足がツル寸前になった。
体中ガッチガチ。
ガッチガチ。
それでも今日のライブは間違いなく過去、現在、未来含めて
ベストライブ。
2度とないベストライブ。
サイコーのひと時。
レイジも最高だし、レイジファンも最高。
バンドだけではあのヤバさはできあがらないし、
やはりオーディエンスのやばさが格別だった。


ま、ホント「神」ってやつだ。
レイジを超えるライブバンドはいない。断言。


そして怪我ナシで終わってよかった。
メッセの単独ライブはいいという経験をしたので、
今後レッチリライブ@メッセを心から願う。
  1. 2008/02/12(火) 03:54:15|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

3連休初日

3連休初日は2日目、3日目と続くライブに備えて体力回復に努める。
3時頃まで爆睡し、それからけっこう重たくなってしまった髪を切りに中目黒へと向かう。
天気があやしく、やはり中目黒に着くと雨が降っていた。
この日も最近には珍しくない、とてつもない寒さだ。
少々足早に目的地のミツコへ。
ミツコは→「mitsouko」という正式名称です。
かなりオススメですよ。
担当者の一人しか知らないですけど多分他の方も素晴しいと思います。


約2ヶ月ぶりに担当者の方に会うと、
「ほしさーん、何でここにいるんですか」
と一瞬戸惑う質問を浴びせられる。
おれ来ちゃいかんのか、と一瞬。
「こんなとこにいないでレイジ行かないとダメですよー」
との事だった。
そう、担当者は是が非でも土、日とある
レイジライブに行きたかったのだが
どう考えても行けないとの事だった。
そんな彼女は
「ぼく明日行きますよ」
と言った後に心底から「いーなー」と。何回か言う。
そうなんだな。ロック好き、ヒップホップ好き、ハードロック好きあらゆる垣根を越えて誰もがみたいレイジ。
いてもたってもいられないのは無理もない。
なんていっても、あのレイジだ。

ちなみに今日も一つバンド教えてもらった。
「テレホンズ」
聞いたことあるようなないような。
まだ聴いてないけど多分いいのであろう。楽しみだ。

そうそう、最近「渋さ知らズ」はまってるんですよねー。
っていったら

「出口のない入り口には入りませんから」

んー。深い。未だによくわからない。



そして、切り終わった後にはけっこうな量の雪。雪。雪。
うひー。だ。うひー。
凍てつく寒さの中、新宿に移動して、明日に備えて更なる体力回復のため、モツ鍋を食う。ディスクユニオン、大塚家具の通りの
モツ鍋「黒田」。
めちゃめちゃうまかった。丸。


そしていよいよ。
  1. 2008/02/12(火) 03:51:41|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

映画を観るの巻

ってことで、今日はいっきに3つもの映画を観てしまおうと企んだ。
が、しかし、久しぶりの現場続きのため、疲れていたので今日のスタート時間が昼からに。
アウチである。

しょうがなく一つにして
巷で話題の映画、「人のSEXを笑うな」を観に行った。
が、しかし、時すでに遅し、昼過ぎにして今日のチケットは全ての回が完売との事。

はやっ。

という事で正確には観ていない。
知る人ぞ知る永作ファンなので観たかったけど、まぁ、ほとぼり冷めた頃にでも観るとしよう。

であるからに、観ようとしていた二つ目の「裸の夏」を観た。
んー、こうしてタイトルだけをみていくと何やら雲行きが悪いな。

渋谷のミニシアター、イメージフォーラム(初耳である。しかし年会費払って会員になる)で上映されている
「裸の夏」
これは、舞踏家「麿赤兒」率いる舞踏集団「大駱駝艦」伝統の夏合宿
を追うドキュメント作である。

そもそも舞踏なんてこれまでまったく興味がなかったけど、
「渋さ知らズ」のライブで衝撃を受けたんで、先日調査した映画チェックでいい具合に映画がやってる情報をゲットして観るに至った。

オススメはあまりしません。
面白いと思う人と途中で飽きる(最初から?)人に絶対分かれる。
ボクは観て面白いと思ったけど。
やっぱり舞踏は映像で観るよりは生で観たほうが圧倒的にいいし。

ちなみに映画中、「渋さ」の曲も流れる。
思わずラーラーラーラーと言ってしまいたい衝動にかられるも
ここは抑える事に成功。


上映後、トークショーがあったのだが、グダグダになったので
誰も席を立たないのを不思議に思いながら退席。


んー、しかし今日はおもろかった。
  1. 2008/01/28(月) 02:38:59|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

寒さ吹き飛ばす「渋さ知らズ」野外フリーライブ@南大沢

突然の告知だった。
そう、決まったのは五日前だったらしい。
ついこの間観て来た「渋さライブ」が今度は南大沢でやるらしい。
いや、もうやったのだ。今日夕方。
しかも野外。
駅降りてすぐの公園にてのフリーライブ。
もちろん寒い。
待ち時間でも体を小刻みに揺らしていないとキツイ。
じっとはしていられない。

けど、新年早々ゲキアツのライブを目の当たりにし、虜になっているボクは遠路はるばる南大沢まで行ってきた。一人で。
ホント遠い。遠いよ。
今日は最初人もまばらで、おいおい大丈夫かいな。
と不安になるも、
始まってからは200人(?)ぐらいか。
前で塊になる程にはなったんでよかった。

080119_1617~01


080119_1755~01



最初踊り部隊がいなくて
やっぱ外は無理か、と思っていたけど途中からぞろぞろ出てきたんで
新年早々にみた衝撃的なエヅラが再び目にすることが出来た。
何度みてもヤッパリイイ。
イイ。
これを見てその存在を知っちゃった人は行くべし。


こんなスゲーバンドがこんな場所で、
フリーライブを、
しかも決まったのが五日前。

もちろんこんな場所でライブをやるって事に当然意味はあるのだが。

実は南大沢は八王子市らしい。
そして八王子市は来週末、市長選がある。との事だ。
市長選の争点として高尾山の未来に関わる「トンネル工事」がある。
なので、今回の主催者はトンネル工事反対派だが、その本当の狙いは
今こうして何も知らない間に選挙が行われ、結果としてトンネルが掘られ、今まで当然のようにあった風景が変わり、生態系が変わっていいのだろうか。少しでも関心を、というか、高尾山の未来を含めてもっと考えてほしいという願いがあったと思う。
八王子市長選の投票率は20代では13%ぐらいしかないらしい。
こんな低い数字で高尾山とかの未来が決められてしまうのである。
もちろん高尾山にトンネルを掘る事の悪影響をさしひいても
トンネルを掘るメリットもあるのだろう。
まぁ、政治的な事は経済問題なんかもあって難しくなるのでこの辺でやめてしまうが、
すでに事実として何百mかトンネルが掘られてしまい、
一つ、沢が枯れてしまったそうである。
最近植物に興味が湧いてきているボクにとっては悲しい事である。



高尾山。行ったことはないけど、スバラシイ所だという噂は聞いている。それが変わらない事をボクは願う。

参考に。

高尾山にラブレターを贈ろう!
  1. 2008/01/20(日) 01:12:02|
  2. 未分類
  3. | コメント:3

susカウンター

最後の現場となるであろう
物件の家具を金物屋で見てきた。
別件で引き取りに行ったのだが、ちょうど組みあがったらしいのでついでに写真も撮ってきた。


080115_1429~01



080115_1430~01


とりあえずデカイです。
3800×800×850
sus1.5t曲げ加工による甲板見附40mm。
下折り曲げ返し30mm。
これに下地合板を練付です。
耐水合板は重いです。
ラワン合板とかよりはるかに重かった。なぜだ?

それをなんと2階への手上げです。
その大仕事はこれからですが・・・。
我が社はボク+ボスという2名なんですがねぇ・・・。
んー、どうなることやら。

ちなみに仕上げはヘアラインです。
作り方は甲板と側板をそれぞれ曲げておいて、それぞれを溶接するというものです。
トメに切っておいて。
ヘアラインは最後に全部かけると大変なので、ヘアライン品を曲げて、
溶接した部分だけ、最後に仕上げのヘアラインをヘアライン屋にかけてもらうという工程らしいです。
片方の側板にはスイッチなどがつく為、開口があります。
そして側板の高さが左右で異なります!!
変だと思うのですが、ボクには決定権がありませんのでこうなりました。なってしまいました。
どういうふうに納まったかはまたで。もうしばらくで現場入ります。
下台は木製で化粧材はウォールナットの化粧合板です。(板目)。
乞うご期待。
  1. 2008/01/15(火) 23:51:32|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

h2star2

Author:h2star2
家具とロックと生ビール。
ほぼそれで生活が成り立ってます。
大学卒業から早5年弱。家具の設計やってます。
草加19年→横浜4年→草加1年半→中目黒2年→草加2年と現在28才。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。